記事ライター講座に行ってみました~その続き~ - ネットで楽しく在宅収入!主婦のお小遣い稼ぎプチ

記事ライター講座に行ってみました~その続き~

何かヒントがもらえればと思って記事ライター講座に行ってみました


1日目の様子はこちら
記事ライター講座に行ってみました


ライティングとはなんぞやというお話からはじまり、
「人に読まれる文章とは」
「わかりやすい文章とは」
「著作権とは」
という講義も。


お隣の人はとてもきれいにメモされていて。
私の殴り書きとは雲泥の差;
そんな私のメモ書きをココでまとめておさらいです^^
まとまるかな?


人に読まれる文章とは



メビアンの法則って知ってますか?
「人の第一印象は3秒で決まる。」というアレです。
文章も同じように3秒~7秒で読むか読まないか決まるそうです。

人は3秒で何を判断しているのか?

紙面(チラシなど)の場合、人の視線はZ型に動くそうなんです。
ネットの場合は、F型といわれ上から順に左から視線が動くそうです。

F型で特に重要なのが、タイトル・見出し・一文目。
これで人は読むか読まないか決めるらしいですよ。



読まれるための必須ツール



検索画面にも表示される「記事タイトル」は、
読まれるための必須ツール。
人に文章を読んでもらうにはタイトルがとても重要とのこと。


タイトルのつけ方として参考に4つ教えてもらいましたよ。


タイトルのつけ方



●内容をまとめる(王道)
一番言いたいことをタイトルに

●読者に問いかける
誰もが思っている疑問など、最後が「?」で終わる

●長い
長くて覚えづらいけど、興味をひく

●具体例をあげる
分かりやすさも重要
(例)会計学の本「さおだけやはなぜつぶれないのか」など

ほかには、
●タイトルに数字を入れる
●全角35文字以内
●左側(先頭)にキーワード


まだほかにも、ターゲットをしぼるなど色々いわれてましたが、この辺で~。



まとめちゃいます



人に読まれる文章というと、文章の構成とか表現方法みたいなことを想像してたけれど、
どうしたら人目にとまるか、検索にかかるか、というお話からでした。

そりゃそうですよね。
とにかく、記事を見つけてもらわないと読んでもらえませんものね。

今の時代、誰でも情報を発信できますからね、あふれる記事の中から自分が書いた記事を読んでもらえるというのは実はすごいことなのかも・・・?


関連記事
このエントリーをはてなブックマークに追加
★こつこつ堅実派には、マクロミルInfoQがおススメ♪

★2016イチオシのポイントサイト【ポイントタウン】
ポイントでお小遣い稼ぎ|ポイントタウン
●100円から換金可能!手数料無料!
●高還元率!
●友達紹介報酬50%還元!
コメント
非公開コメント

トラックバック

http://okodukai8.net/tb.php/4804-bc44d8e6